カードローン

2社目3社目のカードローンの借入で審査を通す大事なコツ!

更新日:

  • カードローンを2社以上利用する場合の申し込み時のポイントとは?
  • カードローンを3社目の借入するときのデメリットとは?
  • 何社目からカードローンの利用が難しくなるのか?
  • 2社目のカードローン会社はどこがおすすめなのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では2社目以上のカードローンの借り入れについて詳しく説明していきます。

1.2社以上のカードローンを申し込むときに絶対に守るべき3つのポイント

2社目以降のカードローンを申し込むときには、1社目の申し込みとは違った審査通過のポイントがあります。

2社目のカードローンの審査に通る可能性を上げたいときには、少なくとも以下の3つのポイントを守るようにしましょう。

・1社目の借入情報は正直に記入する

カードローンの申し込みをするとき、他社の借入があると審査には不利になります。

そのため他社の借入がないことにしたり、借入金額を少なめに申告したくなるかもしれません。

しかし、だからと言って、1社目の借入情報で嘘をついてはいけません。

もし審査時に嘘が発覚したときには、審査が落ちてしまいます。

仮に審査に通ったとしても、契約後に嘘をついていることが判明した場合には、強制解約&一括返済になります。

せっかくお金を借りられる意味がなくなってしまうので、嘘をつくのはやめましょう。

 

カードローン会社は審査時に信用情報機関に問い合わせをして、あなたの借入状況を調べます。

信用情報機関には

  • あなたがどこから借り入れをしているのか?
  • あなたの合計の借入金額はいくらなのか?

という情報が載っています。

他社の借入状況の嘘をついても簡単にばれてしまうので、1社目の借入情報は正直に記入するようにしましょう。

・借入希望額はなるべく少なくする

1社目の限度額がいっぱいになって2社目のカードローンを申し込むとき、将来のことを考えて「できるだけ高い限度額でお金を借りられるようにしたい」と考える人もいると思います。

しかし、借入希望額を増やせば増やすほど、審査は厳しくなります。

例えば、他社の借入の合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要になります。

なので、よっぽどすぐに大金が必要な場合以外は、借入金額を増やすことを考えるのではく、まずは審査に通すことに重点を置いたほうがいいです。

審査に通れば、借り入れや返済を繰り返し信用を貯めることで、スムーズに限度額の増額をすることができます。

「総量規制に要注意」

2社目が消費者金融系カードローンの場合、総量規制に注意する必要があります。

総量規制とは、貸金業者は年収の3分の1までしかお金を借すことができないという法律になります。

例えば、年収300万円の人が1社目で100万円借りている場合には、2社目でお金を借りることができないということになります。

総量規制の対象となる金額に近づけば近づくほど、金銭的な余裕がない人と判断されます。

そんな人がいきなり高額の借入を希望しても、審査に通るのは難しいです。

総量規制に引っかかるギリギリの金額を借りようとするのではなく、まずは少なめの借入希望額にしたほうがいいです。

例えば、年収300万円の人が1社目で50万円借りている場合、2社目でいきなり50万円の限度額を目指すよりも、まずは10万円の借入希望額で審査に通すことを狙ったほうがいいということです。

・複数のカードローン会社に同時に申し込みをしない

審査に通るのが不安だからと言って、確率を上げるために複数のカードローン会社に同時に申し込む人がいます。

一見すると申し込みの数を増やすことで審査に通りやすくなると思えますよね。

しかし、複数同時に申し込みをすると、逆に審査に落ちる可能性があるのです。

カードローン会社は審査をするときに信用情報機関に問い合わせをして「申し込み情報」もチェックします。

今現在他のカードローン会社に申し込みをしていないのか?というのを見ているというわけです。

 

もし複数のカードローンに審査に通過したら

  • 総量規制に引っかかってしまう恐れがある
  • 合計の借入金額が100万円を超える可能性がある
  • すべてで借り入れをしたときの返済能力に疑問がある

などの不安要素が出てきやすくなります。

そのためカードローン会社としても、他社のことを考えて、審査が慎重になる傾向があります。

2社目のカードローンを利用したい場合には、複数のカードローン会社に同時に申し込むのはやめましょう。

2.2社目以降のカードローン会社の選び方!

2社目以降のカードローン会社を選ぶときには、1社目を選ぶときとは違った視点でカードローン会社を選ぶ必要があります。

あなたの目的や状況によって変わるので、それぞれにおすすめのカードローン会社を紹介していきます。

・審査落ちが嫌な場合は「審査通過率が高いカードローン会社」

2社目の審査が心配な場合には、審査通過率が高いカードローン会社を選ぶことをお勧めします。

審査通過率というのは「申し込み者のうち審査に通った人数」を示す割合のことです。

例えば、審査通過率20%の場合、10人申し込んだら2人しか通過しないということになります。

審査通過率が20%のところだと、審査に通るのは難しそうというのは分かると思います。

審査通過率が高いところに申し込むことをお勧めします。

・すぐにお金が必要な場合は「即日融資対応のカードローン会社」

すぐにお金を用意する必要がある場合には、即日融資に対応しているカードローン会社を選ぶ必要があります。

決められた時間までに申し込みを行えば、即日でお金を借りることができます。

決められた時間が過ぎてしまった場合でも、翌日にはお金が借りられます。

銀行系カードローンだと審査や融資までに時間がかかり数日から数週間かかる場合もあります。

・総量規制に引っかかる可能性があるなら「総量規制対象外の銀行系カードローン会社」

すでに他社の借入で総量規制ギリギリまでお金を借りており、新たにカードローンを申し込むと総量規制に引っかかる恐れがある場合には、総量規制対象外のところを選ぶ必要があります。

銀行系カードローンであれば、総量規制対象外なので、年収の3分の1を超える金額でもお金を借りることができます。

3.何社目からカードローンを利用するのが難しくなる?

借入先は少ない方がいいのですが、どうしても2社目、3社目とカードローンを利用したい人もいると思います。

何社目からカードローンの利用が難しくなるのかというと、3社目から厳しめになってきます。

基本的に借入先が増えれば増えるほど、カードローンの審査は難しくなります。

審査の難易度は以下のように変化していきます。

  • 1社目:問題なし
  • 2社目:1社目がきちんと返済されていれば問題なし
  • 3社目:他の借入状況によっては難しい
  • 4社目:属性がよくないと難しい
  • 5社目:審査に通るのはほぼ不可能

 

3社目までであれば審査は厳しくなりますが、何とか利用できる可能性はあります。

借入金額が少なかったり、高年収で属性がいい人であれば、審査に通る可能性もあります。

しかし、4社目、5社目となるとカードローンの利用はかなり難しいと思ったほうがいいです。

また何社目の申し込みであったとしても、今までに延滞をしていると、審査に通過する可能性は下がってしまいます。

あくまで返済に遅れずにきちんと返済していることが大切になってきます。

・複数の借入があるならおまとめローンがおすすめ

すでに複数の借り入れがある場合には、おまとめローンを組むというのがおすすめです。

おまとめローンはすでに他社で借り入れがある人のための商品で、他社に借り入れがあっても、審査に通る可能性があります。

単なるカードローンに申し込みをするよりも、おまとめローンの方が審査に通る可能性が高いです。

すでに複数の借入がある場合には、おまとめローンを利用して借金をまとめることをお勧めします。

当サイト一押しのカードローン会社

プロミス

  • 金利:4.5~17.8%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

ココがポイント

30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用が条件)

とりあえずプロミスの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

SMBCモビット

モビット
  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:800万円
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 融資速度:即日融資

ココがポイント

WEB完結で電話連絡なしでも可能!

とりあえずSMBCモビットの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

-カードローン

Copyright© マネコン , 2019 All Rights Reserved.