• 学生ローンは学生証だけでお金を借りることができるのか?
  • 学生証がない場合学生ローンでは借りることができないのか?
  • 本人確認書類は学生証でいい?運転免許証や保険証やパスポートは必要なのか?
  • 学生証不要でお金を借りる方法とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では学生ローンの本人確認書類について詳しく説明していきます。

1.学生ローンは学生証だけでお金を借りることはできるのか?

学生ローンを申し込むとき、学生証は必ず必要な書類となっています。

学生ローンという名前だけあって、学生であることを証明しなければ、学生ローンは契約することができないようになっています。

学生証と言えば、本人確認書類として使うこともできるので、学生証だけでお金を借りることができると思うかもしれません。

しかし、多くの学生ローンでは学生証だけでは借りることができません。

本人確認書類として、運転免許証やパスポート、保険証、住民票、公共料金の領収書などの他の書類の提出を求めることが多いです。

 

契約をするときに、住所の確認をしたいというが、ローン会社の目的としてあります。

契約書を送ったり、支払いが滞った時に督促状を送ったりなど、連絡がつかないと困るからです。

学生証では、住所が記入されていないことが多いので、本人確認書類としては弱いのです。

そのため住所が確認できる本人確認書類の提出が必要になるのです。

2.学生ローンでお金を借りるとき学生証がない場合どうすればいい?

学生ローンでお金を借りたいけれど、学生証がないという場合もあるかと思います。

基本的に学生ローンでは、学生証の提出が求められます。

もし紛失してしまった場合には、在学証明書があれば、申し込むことができる場合があります。

ただすべての学生ローン会社で対応しているわけではないので、学生証がない場合には、一度相談をしてみてください。

・学生証不要でお金を借りられるカードローン

学生証が発行されない学校の場合は、残念ながら学生ローンを利用することができません。

もしそんな学生がお金を借りたいのであれば、消費者金融カードローンがおすすめです。

20歳を超えており、バイトをしているのであれば、カードローン会社の審査に通る可能性は十分にあります。

18歳や19歳の学生ではバイトをしていても、カードローンの申し込みはできないので注意してください。