• 学生ローンを申し込みと親に連絡されることはあるのか?
  • 親バレしないで学生ローンを利用するためのポイントとは?
  • 学生ローンでは未成年でも親に連絡されることはないのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では親バレせずに学生ローンを利用する方法について詳しく説明していきます。

1.学生ローンに申し込んだとき、親に連絡されるのか?

学生ローンに申し込むとき、親に内緒でお金を借りたいという人がほとんどだと思います。

親からいろいろと干渉されるのは面倒くさいですからね。

そういった場合でも学生ローンでは、親にバレずにお金を借りることができるのでしょうか?

結論を言いますと、親にバレずに学生ローンでお金を借りることができます。

ほとんどの学生ローンでは、親に内緒でお金を借りたいという学生の気持ちを理解しています。

そのため親の同意が不要で契約できることが多いです。

お金を借りることを親に確認されるわけではないので、バレずにお金を借りることは可能です。

・未成年の学生ローンの利用には親の同意が必要な場合も

ただ18歳、19歳の未成年の学生の場合、学生ローンによっては契約ができない場合があります。

未成年の学生が契約できる学生ローンは限られています。

また未成年だと親の同意が求められることもあるので、学生ローン選びには注意が必要です。

もし親に内緒で借りたいのであれば、親の同意不要で未成年でも受け付けている学生ローンを選ぶ必要があります。

【未成年可の学生ローン】

カレッヂ
アイシーローン(首都圏在住・在学が必要)
フレンド田(親の同意と保証が必要)

2.親バレせずに学生ローンを利用する方法とは?

上で説明したように親に内緒で学生ローンでお金を借りることは可能です。

しかし、学生ローンを利用するときにバレやすいポイントがあるので、その点に注意して申し込む必要があります。

・固定電話への確認が必要な場合も

ネットから学生ローンに申し込んだとき、業者から申し込み確認の電話がかかってきます。

基本的には自分の携帯番号を書いておけば、親に内緒でその電話をクリアすることができます。

しかし、場合によっては固定電話を入力する必要があり、それで申し込み確認を行われることがあります。

その場合には、個人名で電話をかけてくれますが、親が出た場合、何か不審がられる可能性があります。

なので、携帯電話で申し込みができる学生ローンを利用する必要があります。

・実家暮らしの場合は郵送に注意する

ネットや電話での申し込みをした場合、契約書を自宅に郵送することが多いです。

一人暮らしであれば、今住んでいる部屋に書類が送られてくるので、親にバレる心配はありません。

しかし、実家暮らしの場合、実家に書類が送られてくるので、親にその書類を見られる可能性があります。

中身を開けられなくても、不審がられて親に何か聞かれる可能性があります。

書類が送られてくるのを防ぐためには、来店での契約をする必要があります。

ただ学生ローンの多くは店舗が東京に1つ構えているくらいなので、契約しに行くのはとても面倒です。

地方に住んでいる人の場合には、そもそも契約しに行くことができないと思います。

 

そんな学生でお金を借りる必要がある場合には、消費者金融のカードローンがおすすめです。

カードローンであれば、ネットで申し込んで自動契約機で契約書やローンカードを受けることができるので、郵送なしで契約することができます。

全国に店舗や自動契約機があるので、契約の手続きを簡単に済ませられます。

学生でも20歳以上でアルバイトをしている人であれば、カードローンでも審査に通る可能性は十分にあります。

無理に学生ローンを利用するのではなく、大手のカードローンを利用することをおすすめします。