• 母子家庭でも国の教育ローンの審査は通るのか?
  • 母子家庭で国の教育ローンの審査が通らなかったら、どこから借りればいいのか?
  • 母子家庭で国の教育ローンが落ちる人の特徴とは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では母子家庭の国の教育ローンについて詳しく説明していきます。

1.国の教育ローンは母子家庭でも借りることができるのか?

子供の教育のためのお金で困った時のお金を借りるときにお世話になるのが、教育ローンです。

一言で教育ローンと知っても、様々あり最も代表的なのが日本政策金融公庫の教育ローンです。

これはいわゆる国の教育ローンとなっています。

  • 年利1.76%という低金利で借りられる(平成29年11月10日現在)
  • 年収200万円以下だと金利や返済期間で優遇がある
  • 学費や受験料以外にも、比較的幅広く利用できる

といった特徴があるので、子供の教育費で困ったら、まず申し込みたい借入先です。

国の教育ローンでお金を借りるとき、母子家庭だと審査が厳しいという話を聞いたことがあるかもしれません。

しかし、母子家庭だからという理由で国の教育ローンの審査が通らないということはありません。

母子家庭であっても問題なく国の教育ローンの審査に通すことができます。

むしろ、母子家庭は

金利:年1.76%→年1.36%(平成29年11月10日現在)
返済期間:15年以内→18年以内

と優遇されます。

 

また母子家庭だと年収が少ない場合がありますが、国の教育ローンでは年収の少ないことはあまり問題になりにくいです。

民間の教育ローンやカードローンでお金を借りるときには、年収が多くないと借りることが難しいです。

しかし、国の教育ローンでは年収200万円以下だと金利や返済期間で優遇があるということがから分かる通り、年収が少ない人でも審査に通る可能性は十分にあります。

なので、母子家庭だからと言って諦めることなく、国の教育ローンに申し込むことをおすすめします。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)の詳細はこちら

2.母子家庭で国の教育ローンに落ちる人の特徴とは?

・他に多額の借金をしている

母子家庭で収入が少ないと生活費に困って、ついカードローンやクレジットカードのキャッシングなどでお金を借りてしまいがちです。

しかし、そういった借金があると国の教育ローンの審査に落ちやすくなります。

いくらの借金があると審査に落ちるという基準はないのですが、ポイントとなるのが収入と借金額のバランスになります。

収入に対して借金額の割合が多ければ多いほど、審査に落ちる可能性が高くなります。

借金をしているということは身の丈に合っていない生活をしており、お金の管理が甘いと判断されやすいです。

教育ローンでお金を貸しても、子供の教育にお金が使われずに、借金の返済や浪費などにお金を使われる可能性があります。

それは国の教育ローンの目的ではないので、そういった家庭への融資は厳しくなっているのです。

・信用情報に事故情報が載っている

信用情報には、今までの借金返済状況などが記録されています。

  • 長期滞納
  • 短期間の延滞の繰り返し
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)

などをすると、事故情報と言って、マイナスの評価を受けてしまいます。

信用情報に事故情報が載ってしまうと「この人はきちんと借金を返済しない」という風に見られてしまいます。

そのため国の教育ローンでもだいぶ審査が不利になります。

国の教育ローンであっても、返済されることが前提になっていますから、貸し倒れになる危険性が高い人には貸さないようになっています。

3.母子家庭が国の教育ローンに通らなかったらどこで借りればいいのか?

・母子父子寡婦福祉資金貸付金

母子父子寡婦福祉資金貸付金は、母子家庭や父子家庭で子供の教育の資金が必要になった時に、無利子で借りることができる制度となっています。

返済期間は3~20年と長いので、無理なく返済することができます。

貸付の条件については、各自治体によって異なるので、まずは市町村役場に相談しに行ってみることをおすすめします。

・民間の教育ローン

国の教育ローンと比べると民間の教育ローンの方が金利が高いです。

しかし、国の教育ローンと民間の教育ローンでは審査基準が異なります。

なので、国の教育ローンで審査落ちしたとしても、民間の教育ローンであれば審査に通る可能性があります。

ただ国の教育ローンと違って母子家庭に優遇措置はないので注意してください。

・カードローン

国の教育ローンで審査に落ちて、どうしてもお金がないという場合には消費者金融のカードローンがおすすめです。

金利は高いですが、すぐにお金を借りることができるので、緊急性のある時には非常に助かります。

長期間の借入には向いていないですが、どうしてもお金が必要という場合には一時的に消費者金融のカードローンを利用することをおすすめします。

母子家庭の人におすすめのカードローン!

プロミス

  • 金利:4.5~17.8%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

・特徴

30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用が条件)

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

>>とりあえず詳細を見るならこちらをクリック

アイフル

  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

・特徴

30日間無利息サービスあり

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

SMBCモビット

モビット

  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:800万円
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 融資速度:即日融資

・特徴

WEB完結で電話連絡なしでも可能!

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

>>とりあえず詳細を見るならこちらをクリック