目的型ローン

国の教育ローンは追加融資は可能?2回目では再審査がある?

更新日:

  • 国の教育ローンは追加融資は可能なのか?
  • 国の教育ローンで2回目にお金を借りるときは審査はある?
  • 教育ローンの追加融資ではいくらまで借りることができるのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では国の教育ローンの追加融資について詳しく説明していきます。

1.国の教育ローンで追加融資は可能なのか?

1回目に国の教育ローンを申し込んだときは、十分なお金を借りた思っていても、あとになってから再び教育のためにお金が必要という場合もあるかと思います。

そんな場合、国の教育ローンで追加融資を受けることは可能なのでしょうか?

結論を言いますと、国の教育ローンで追加融資は可能です。

基本的に申し込み回数に制限はなく、何度でも申し込みをすることができます。

・追加融資ではいくらまで借りることができる?

国の教育ローンでは、追加融資で借りられる金額は決まっています。

それは子供一人につき350万円(海外留学の場合が450万円)までということです。

もし1回目の融資で100万円借りている場合は、2回目の融資は最大でも250万円までしか借りることができないということです。

ただし、別の子供であれば最大350万円借りることができます。

例えば、一人目の子供で100万円借りている場合、二人目の子供は最大で350万円まで借りることができるということです。

2.国の教育ローンの追加融資では再審査はあるのか?

国の教育ローンでは追加融資を受けることは可能ですが、再度審査に通す必要があります。

申し込み方法は1回目と同じで、また必要書類をすべて用意する必要があります。

【国の教育ローンの必要書類】

  • 借入申込書
  • 世帯全員の住民票の写しまたは住民票記載事項証明書
  • 運転免許証またはパスポート
  • 源泉徴収票または確定申告書(事業所得者、個人事業主など)
  • 通帳6か月分(住宅ローンまたは家賃、2種類以上公共料金の支払い状況が確認できるもの)

※申込内容によっては他の書類も提出必要あり

これらの書類を用意するのは面倒だと思いますが、追加融資を受ける場合には、再度用意する必要があります。

・追加融資の審査は通りやすいのか?

国の教育ローンでは追加融資であっても、再度改めて申し込みをするという形になります。

一度審査に通っているのであれば、今度の審査も楽に通りそうと思うかもしれません。

しかし、2回目の申し込みの方が審査は厳しくなります。

すでにお金を借りているというのは、審査にマイナスの影響を与えます。

国の教育ローンでは、収入の制限がなく、年収200万円以下の場合は金利を優遇するということからも分かる通り、収入が少ないからと言って審査に通らないわけではありません。

しかし、年収と借入金額のバランスが取れない場合には、審査に通らないです。

1度目の融資で多額のお金を借りている場合ほど、2回目の審査は厳しくなると思ったほうがいいですよ。

3.国の教育ローンで追加融資を受けられない場合どうすればいいのか?

上でも紹介したように国の教育ローンで追加融資を受けるのは難しいです。

もし追加融資が受けられない場合には、以下の方法を選んでください。

・民間の教育ローン

国の教育ローンと民間の教育ローンでは審査基準は違います。

そのため国の教育ローンの追加融資の審査に落ちてしまった場合でも、民間の教育ローンでなら借りられるという可能性があります。

とはいえ、国の教育ローンですでにお金を借りている状態だと民間の教育ローンも厳しいと思います。

また国の教育ローンと比べると若干金利が高くなります。

それでも十分に低金利な部類に入るので、多額の教育費用が必要という場合には、ダメもとで民間の教育ローンに申し込むことをおすすめします。

・奨学金

奨学金は民間の教育ローンと違って、まとまったお金を一度に借りることはできません。

奨学金を利用した場合、毎月〇万円という形で融資されます。

なので、入学金や授業料の支払いのためというよりも、経済的に厳しい人が申し込むという感じになります。

日本学生支援機構の場合、毎年春ごろに1回募集をしているだけとなります。

なので、申し込みをする場合には、早めに計画を立てて申し込みをする必要があります。

・カードローン

カードローンは、教育ローンと比べると審査に通りやすいです。

ただ金利が高いので、高額融資には不向きとなっています。

10万円、20万円程度の少額融資であれば、早めに完済することでそれほど利息を支払わずにお金を借りることができます。

即日融資も可能なので、今すぐにお金を用意する必要があるというときにはおすすめです。

教育費用のつなぎとして利用することができます。

当サイト一押しのカードローン会社

プロミス

  • 金利:4.5~17.8%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

ココがポイント

30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用が条件)

とりあえずプロミスの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

SMBCモビット

モビット
  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:800万円
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 融資速度:即日融資

ココがポイント

WEB完結で電話連絡なしでも可能!

とりあえずSMBCモビットの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

-目的型ローン

Copyright© マネコン , 2019 All Rights Reserved.