目的型ローン

教育ローンは予備校費用に使える?浪人生でも借りられる?

更新日:

  • 予備校の費用のために教育ローンでお金を借りることはできるのか?
  • 教育ローンは浪人生本人が借りることはできるのか?
  • 予備校の費用が集められない場合、どうすればいいのか?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では予備校費用の教育ローンについて詳しく説明していきます。

1.予備校の費用を教育ローンで借りることはできるのか?

子供の教育費用としては、大学への入学金や授業料だけとは限りませんよね。

希望する大学に合格できず大学受験に失敗してしまった場合は、浪人生として予備校に通うことになります。

予備校の費用は年間で50万円~100万円ほどかかり、決して少なくないお金がかかります。

そういった予備校の費用を教育ローンで借りることはできるのでしょうか?

結論から言いますと、教育ローンで借りることは可能です。

金利が安くて利用しやすい国の教育ローンでは、予備校の費用についても、使途の範囲内になっています。

国の教育ローン(日本政策金融公庫)の詳細はこちら

ただ民間の教育ローンでは、予備校の費用は使途の対象外になっている場合もあるので、事前に問い合わせてから申し込むことをおすすめします。

2.浪人生本人が教育ローンで予備校費用を借りることはできるのか?

浪人生になってから自立をして、自分で予備校の費用を払っていくという人も中にはいるかもしれません。

そんな場合、浪人生であっても教育ローンでお金を借りることはできるのでしょうか?

残念ながら、浪人生本人では教育ローンでお金を借りることは難しいです。

基本的に教育ローンは子供の保護者が申し込むものです。

例えば、国の教育ローンでは学生本人がお金を借りようと思ったら

「成人しており、勤務収入で安定した収入があり、独立した生計を立てている」

というのが条件になります。

民間の教育ローンであっても、年齢が20歳以上で安定した収入がある必要があります。

浪人生となると、まだ未成年ですし、安定した収入もまだないことが多いです。

そのため教育ローンに申し込む条件を満たすことができないことがほとんどです。

なので、浪人生本人では教育ローンを組むのは難しいと思ったほうがいいです。

3.予備校の費用を用意することができなかったらどうすればいいのか?

国の教育ローンでは予備校費用を借りることができますが、必ずしも審査に通るわけではありません。

また申し込みをしてから入金まで20日ほどかかるので、すぐに予備校費用が必要という場合には、間に合いません。

もし予備校費用を集めることが難しい場合には、カードローンがおすすめです。

カードローンであれば、即日融資が可能なので、今すぐ予備校費用を払わなければいけないという場合でも間に合います。

ただカードローンは金利が高いので、あまり高額な借り入れに使うと、利息の支払いが苦しくなります。

もし利用する場合でも早めに完済するように返済に集中したり、予備校費用全額を借りるのではなく、貯金で足りない分をカードローンで借りるという形にするようにしたほうがいいですよ。

当サイト一押しのカードローン会社

プロミス

  • 金利:4.5~17.8%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

ココがポイント

30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用が条件)

とりあえずプロミスの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

SMBCモビット

モビット
  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:800万円
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 融資速度:即日融資

ココがポイント

WEB完結で電話連絡なしでも可能!

とりあえずSMBCモビットの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

-目的型ローン

Copyright© マネコン , 2019 All Rights Reserved.