お金がない時

葬儀費用が払えない!ローンを組む前に知っておくべきこと!

更新日:

  • ちょうど大きな買い物をした後で貯金がない
  • お葬式をきちんと上げたいけど盛大にやるお金がない
  • 亡くなった親がろくに遺産も残しておらず葬儀費用を払えない

こんなときには葬儀ローンを組むことを考える人が多いです。

葬儀ローンを組むことは別に悪い事ではないのですが、できればローンを組まずに葬儀を終えたい人が多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では葬儀費用が払えない場合の対処方法を紹介していきます。

おすすめの葬儀ローンについても詳しく解説しているので、どうしてもお金を借りる必要がある場合は参考にしてください。

1.簡単に葬儀代を安くする方法を紹介!

葬儀費用は全国平均で195万円と言われています。

※日本消費者協会が2017年に行ったアンケートより

葬儀社に勧められたまま葬儀の内容を決めてしまうと、高額な葬儀になることが多いです。

無理に高額な葬式をする必要はなく、お金がないのなら安い葬儀にすることも大切です。

葬儀にはいくつかのプランが用意されています。

  • 一般葬
  • 家族葬
  • 火葬・直葬

・一般葬の特徴

一般葬という名の通り一般的な葬儀の形が一般葬です。

「お迎え→安置→納棺→通夜式→告別式→火葬」

一般の参列者を招くために飲食代や寺院費用、会場費用など様々なお金がかかります。

多くの友人・知人が参加する必要がある場合、選ぶのが一般的です。

一般葬を行うと100万円以上かかることも珍しくありません。

・家族葬の特徴

家族葬は、一般葬と違い家族や親族などの身内だけに限定して行う葬式です。

葬儀の流れは一般葬と同じです。

「お迎え→安置→納棺→通夜式→告別式→火葬」

ただ集まる人数が30人以内の少人数で行いますし、身内だけなら派手にする必要もないので、飲食代や会場費用などを抑えられます。

安い葬儀社であれば50万円程度に収めることができます。

・火葬・直葬

火葬・直葬では、通夜式や告別式は行わずに、火葬を行います。

「お迎え→安置→納棺→火葬」

この流れで葬儀を行います。

葬儀でお金がかかるのは、通夜式や告別式を行うからです。

それをカットできれば、だいぶ費用は下げられます。

一般参列者は招かず、家族数人で済ませる場合には十分だと思います。

安い葬儀社であれば20万円程度に収めることができます。

・プランを比較することで葬儀代を安くできる

大きく分けると3つの葬儀プランがありますが、家族葬や火葬・直葬に切り替えるだけでも葬儀費用は抑えられます。

ただもっと葬儀費用を安くしたいのであれば、葬儀社に見積もりをとってもらって比較することをおすすめします。

葬儀社ごとに料金設定は異なるので、葬儀社を比較するだけでも安くできます。

>>複数の葬儀社の見積もりをとるならこちら

2.亡くなった人の遺産で葬儀費用を払う

亡くなった人に遺産が残っている場合、遺産から葬儀費用を払うことができます。

葬儀費用は共通費用と見て、相続財産から控除して、残った財産を相続人で分配することも可能です。

例えば、500万円の財産があったとき、葬儀費用200万円を差し引いた300万円を遺産として受け取るということです。

相続する場合には、相続税がかかりますから、葬儀費用を控除しておくと相続税を安くできます。

もし亡くなった人に遺産が残っている場合は、遺産から払えないか検討してみてください。

3.葬儀費用の給付金制度を活用する

故人が国民健康保険、後期高齢者医療制度、社会保険などに加入した場合には、喪主が申請することで給付金を支給してもらえます。

◆国民健康保険に加入していた場合

  • 国民健康保険加入の方:10,000~70000円(自治体により異なる)
  • 後期高齢者保険加入の方:10,000~70000円(自治体により異なる)

この手続きはなくなられた日から2年以内に行う必要があります。

手続きを行う場合には故人の住民票がある市町村役場の国民健康保険課に問い合わせをしてください。

◆社会保険に加入していた場合

  • 被保険者の家族が埋葬した場合:50,000円
  • 被保険者の家族以外が埋葬した場合:50,000円を上限に埋葬にかかった実費分
  • 被扶養者が死亡し埋葬した場合:50,000円

この手続きはなくなられた日から2年以内に行う必要があります。

手続きを行う場合には加入している所管の保険事務所に問い合わせをしてください。

ただ申請をしてから振込まで2~3週間ほど時間がかかるため、葬儀が終わった後に支給される形になります。

給付金で葬儀代を払うのはできないので注意してください。

4.葬儀ローンを組んで分割払いで支払う

葬儀社の中には、提携している信販会社を利用した葬儀ローンが用意されている場合があります。

オリコ、ジャックス、アプラスなどの大手信販会社と提携していることが多いです。

葬儀ローンを組むことで、分割払いで葬儀費用を支払えます。

葬儀社を通して審査を行えるので、葬儀の依頼と一緒に手続きができます。

 

例えば、葬儀ローンとして葬儀社がよく用意しているオリコWEBクレジットの詳しい情報は以下のようになっています。

申し込み条件 返済能力がある人
分割回数 1回・6回・12回・18回・24回・36回
金利・手数料 1回払いの手数料:アド2.936%
6回払以上の分割:実質年率10%
担保・保証人 原則不要※審査結果によっては連帯保証人が必要な場合も
審査時間 最短3分(9:00~20:45)

※葬儀社によって条件が異なる

金利は年率10%とクレジットカードの分割払いやカードローンを使う場合よりも安いです。

こういった特徴から葬儀のローンを組む場合には最有力候補となります。

ただ金利が安い分、審査は厳しいです。

金融事故を起こしていなくても、住宅ローンやマイカーローンなど他の借金を抱えている場合には、審査に落ちる可能性もあります。

・返済をシミュレーションしてみる

金利10%で毎月の返済額と利息の総額について計算してみました。

◆毎月の返済金額

葬儀代 6回払い 12回払い 24回払い 36回払い
20万円 34,312円 17,583円 9,229円 6,453円
50万円 85,781円 43,958円 23,072円 16,134円
100万円 171,561円 87,916円 46,145円 32,267円
150万円 257,342円 131,874円 69,217円 48,401円
200万円 343,123円 175,832円 92,290円 64,534円

◆利息の総額

葬儀代 6回払い 12回払い 24回払い 36回払い
20万円 5,874円 10,998円 21,496円 32,324円
50万円 14,684円 27,495円 53,739円 80,809円
100万円 29,368円 54,991円 107,478円 161,619円
150万円 44,053円 82,486円 161,217円 242,428円
200万円 58,737円 109,981円 214,956円 323,237円

無理のない返済計画を立てることが大切ですが、分割回数を増やせばその分支払う利息は増えます。

むやみに分割回数を増やすのではなく、払える範囲で分割回数は減らすことをおすすめします。

5.金利の安い銀行やろうきんで葬儀代を借りる手もあるが…

銀行やろうきんには葬儀専用のローンは用意されていません。

しかし、フリーローンや多目的ローンという形で葬儀代を借りられます。

◆三井住友銀行フリーローン

申し込み条件 お申込時満20歳以上、満65歳以下の方
前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の方は所得金額)で、現在安定した収入のある方(年金収入のみの方は不可)
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
分割回数 1年以上10年以内
金利・手数料 年 5.975%
担保・保証人 原則不要

◆ろうきんのフリーローン

申し込み条件 お申し込み時の年齢が満18歳以上で、最終ご返済時が満76歳未満の方
一勤務先に1年以上勤務されている方
安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上ある方
金庫所定の保証協会の保証を受けられる方
分割回数 最長10年
金利・手数料
(団体会員の構成員の方)
変動金利年5.825%
固定金利年7.000%
担保・保証人 原則不要※審査結果によっては連帯保証人が必要な場合も

金利を見てもらえれば分かる通り年6%前後と、葬儀ローンよりも安くお金が借りられます。

ただ申し込み条件が厳しく設定されているので誰でも簡単に借りられるわけではありません。

・融資までに時間がかかる

最大の懸念材料として、融資までの時間が長いことがあります。

早くても2~3日、場合によっては審査に1週間以上かかることもあります。

亡くなってからすぐに葬儀の準備に入るのが一般的ですから、融資が葬儀代の支払いに間に合わない可能性が高いです。

葬儀までに時間がある場合には利用できますが、一般的には利用が難しいです。

6.カードローンで借りるのも一つの手

葬儀ローンの審査に落ちてしまった
親の遺産も残っておらず借りられる人もいない

そんな場合にはカードローンで借りるのも一つの手です。

金利は高いですが、カードローンなら即日融資も可能なので、近くに迫っている葬儀代も払えます。

とりあえずカードを作っておいて、審査に通らなかったらお金を借りることもできます。

審査に通ってもお金を借りなければ、利息がかかることはありません。

もしもの場合に備えて、今のうちにカードを作っておくことをおすすめします。

当サイト一押しのカードローン会社

プロミス

  • 金利:4.5~17.8%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

ココがポイント

30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWEB明細利用が条件)

とりあえずプロミスの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

SMBCモビット

モビット
  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:800万円
  • 審査時間:10秒簡易審査
  • 融資速度:即日融資

ココがポイント

WEB完結で電話連絡なしでも可能!

とりあえずSMBCモビットの詳細を見てみる

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

-お金がない時

Copyright© マネコン , 2019 All Rights Reserved.