• 家族に内緒でアイフルからお金を借りるにはどうすればいいのか?
  • 郵便物なしでアイフルと契約する方法とは?
  • アイフルと契約したとき契約書は郵送されてくるのか?
  • アイフルと契約後に家族にバレないようにするために気をつける必要があるポイントとは?

など気になることがあると思います。

そこでこの記事では家族に内緒でアイフルを利用する方法について詳しく説明していきます。

1.家族に内緒でアイフルからお金を借りるときのポイント

アイフルからお金を借りようと思ったときに、家族に内緒でこっそりと契約したいという人は多いと思います。

お金のやりくりに気を付けていても、毎月のお小遣いでは足りないことありますからね。

そんな時アイフルでは家族に内緒で契約することができます。

ただ普通に申し込んでしまうと、家族バレのリスクが高まってしまうので、いくつかのポイントを押さえたうえで申し込むことをおすすめします。

アイフルの利用の家族バレの可能性を限りなく下げるためのポイントを紹介していきます。

・郵便物なしで契約する

家族バレしてしまうときの大きな原因となるのが、郵便物です。

自宅に郵便物が届くことによって、家族から詮索されることがあります。

家族に見せないようにこっそりと封を開けていたらなんだか怪しいですよね。

詮索されなくても勝手に開けられる、ゴミ箱の中から書類を取り出されるという可能性が生まれます。

このように家族バレのリスクを高めるのが郵便物なんです。

なので、アイフルと契約をするときには、郵便物なしで契約するようにしましょう。

「契約時に自宅に送られてくるのは契約書とローンカード」

契約時にアイフルから送られてくる郵便物は契約書とローンカードとなります。

この受け取り方法は、郵便だけでなく店頭窓口や自動契約機での受け取りも可能です。

WEB申し込みをして審査に通ったら自動契約機に契約書とローンカードを受け取りに行く必要があります。

少し手間がかかりますが、この方法なら即日でお金を借りることもできるので、おすすめです。

「宛名はアイフルではなくAIセンター」

アイフルから郵便物が送られてくるとき、アイフルという宛名で送られてくることはありません。

基本的に「AIセンター」という差出名義人で送られてきます。

なので、郵便物をパッと見られただけではすぐにアイフルで契約したことはバレません。

ただ中身を見られたらアイフルだと分かってしまいますし、「AIセンター」と検索エンジンで調べられたら一発で分かってしまいます。

なので、できる限り自宅に郵便物が送られてこないようにしたほうがいいでしょう。

・ATMでの借り入れと振込融資を使い分ける

アイフルからの融資方法としては「ATM」と「銀行振込」の二つがあります。

家族バレを考えた時、できる限り手元に証拠が残らないような形にする必要があります。

ATMでお金を借りる場合はローンカードを発行する必要がありますが、それ以外には証拠となるものはありません。

銀行振込の場合は、ローンカードが必要ないものの、銀行の通帳にお金を借りたという証拠が残ってしまいます。

正直、どっちも一長一短なので、あなた自身にあった方法を選ぶことをおすすめします。

例えば、自分専用の銀行口座を持っていて、通帳を家族に見られることがないという場合には、振込融資でバレることはないと思います。

履歴はずっと残るので、将来的に通帳を見られる可能性が残ることを含めると個人的にはリスクが高いと思います。

基本的にはローンカードを使ったほうがバレにくいです。

財布の奥の方に入れておけば、漁ってまで探ることはめったにないですし、利用明細も捨ててしまえば証拠が残りません。

アイフル

  • 金利:3.0%~18.0%
  • 借入限度額:500万円
  • 審査時間:最短30分
  • 融資速度:最短1時間
  • お試し診断:あり

・特徴

30日間無利息サービスあり

※審査や融資は申込時間によっては翌日以降になる場合もあります。

2.アイフルと契約後に要注意!自宅に郵便物が送られてくる場合とは?

家族にバレずにアイフルと契約することができても、その後利用しているときにバレてしまったら意味がないですよね。

実は契約時以外でも自宅に郵便物が送られてくる可能性があるんです。

これに気をつけないとアイフルでお金を借りているときに家族にバレてしまうので注意してください。

・利用明細書

利用明細書をチェックすることで、現在の借入状況や全額返済までの回数などが分かるので、借り過ぎを防ぐという意味でもあったほうが便利です。

ローンカードを使ってアイフルATMを利用した場合には、その場で利用明細書が発行されるので、自宅に送られてくることはありません。

ただ他の利用方法では、自宅に利用明細書が送られてくる可能性があります。

利用明細書を自宅に送られると困るという場合には、送付を希望しないということを契約時に伝える必要があります。

アイフルでは利用明細書の有無によって、選べる利用方法が変わってきます。

特に気を付けなければいけないのは、利用明細書の送付を希望しない場合には、振込融資を受けることができないという点です。

・督促状

アイフルを利用しているときに一番注意しなければいけないのは、督促状です。

返済が滞ると自宅に督促状が送られてきます。

他のところでいくら郵便物が送られないように注意していても、滞納してしまったら元も子もないということです。

ただ1日滞納したらすぐに督促状が送られてくるというわけではありません。

まずは電話によって返済が行われていないことを教えてくれます。

電話連絡後すぐに返済を行ったり、支払日を約束すれば督促状は家に送られてきません。

ただしその電話を無視したり、電話連絡後も滞納を続けた場合に督促状が送られることになります。

なので、もし返済をうっかり忘れたという場合には、すぐに支払うようにしましょう。